カードローンの審査に通らない理由〜属性

審査に落ちても諦めずに次の賃金業者に申し込む

カードローンに申し込んだ際に必ず行われる審査に通らなかった場合、その原因を教えてくれる貸金業者は少ないと言われています。
しかし一般的には申し込みをした人の職業や勤務年数、年収や居住年数などいわゆる「属性」により審査に通りやすい人と通りにくい人がいると言われています。

 

例えば勤務年数や居住年数については長い方がいいのは当たり前のこと、年収については400万円以上あれば審査に通りやすく、更に安定して収入を得ていることも大切だと言われています。
また現在の自宅は賃貸よりは持ち家の方が好ましく、また職業についてはパートやアルバイトよりも自営業、そして会社員、公務員の順に安定していると見られ、審査に通りやすいと言われています。

年収が400万以上あれば審査に通りやすい

更に年齢については貸金業者がターゲットにしているのは30〜40代だと言われおり、若い世代の人はまだ安定して収入が得られていないと見られ、年齢の高い人が申し込むと「この人には貯金もないのか?」とみられて審査に通らない可能性が高いです。

 

カードローンの審査基準は貸金業者によってそれぞれで、ある貸金業者の審査には落ちてしまったけど他のカードローンに申し込んだら通過したということがあるので諦めずに申し込むことが重要だと言えます。

カードローンの審査に通らない理由〜ブラックリスト

ブラックになると新規の申込みができない

まず覚えておきたいのは実際にブラックリストというリストが存在するわけではありません。

 

例えばキャッシングでお金を借りた時、また割賦で買い物をした時などにその情報が個人信用情報機関に登録されます。
もし借りたお金の返済期日に遅れてしまった時、また買い物をした際の引き落とし日に残高不足などで引き落としできなかった時にはその情報も個人信用情報機関に登録されます。
これをいわゆる「ブラックリストに載る」と言います。

 

ブラックリストに載るケースとしてはその他にも自己破産などの債務整理をした時や短い期間にいくつもキャッシングに申し込みをして全て断られた時(これを“申し込みブラック”と言い、1か月に申し込むのは最大でも2社程度が望ましい)などがあります。

短期間で数社に申し込みをすると申し込みブラックになる

ブラックリストに情報が載っている人はカードローンに新しく申し込みをしても審査には通らない可能性が高いです。

 

またブラックリストに載っている情報はどのような手段を使っても消すことはできず、最大で10年程は自然に消えるまで待たなければなりません。
キャッシングを利用する時はブラックリストに載らないように(金融事故を起こさないように)計画的に利用しなければなりません。